ああ・・・・山奥ねぇ。。単身赴任中の岩手山奥からのレポートだったのですが(笑   今は盛岡に戻ってますw


by takeda1231
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

09’ 10 11(日)の釣り 宮城荒雄川C&R

今年も来ました。
荒雄川C&R。6月に一度アングラーズクラフト展で訪れています。
今回は3シーズン目の晩秋。
初年度は2回来ましたが・・・・ノーフィッシュ(笑)
2年目は見事リベンジ!2回釣行とも、いい結果が出ました。
さて・・・・今3年目は??
a0079614_2116173.jpg

前の晩のうちに出発。
荒雄湖 河川公園にて車中泊。
他にもキャンパーやら多数!
トイレ・水・芝生・駐車場と整ったテン場ですね!
比較的静かですし、釣り場までも車で10分。
近くに温泉もあって、いいところです。

6時半に起きだして・・・・・
7時には川に入ります。気合十分。まだ釣り人もマバラです。
お目当ての初年度痛恨の荒瀬に向かいますが・・・・すでに先行者(広島ナンバー)
すぐ下の堰堤を攻めますが・・・・・無反応(笑)
天気は良いのですが・・・・・
ザワザワと吹き出した風は強まります。
さらにヒトツしたの堰堤を攻めますが・・・・駄目。

すぐ上の分流、馬の背を葦際から下流に向かって流します。
葦が切れる寸前で・・・・ヘビーウェイトのニンフを付けたマーカーがスーーっと引き込まれます。
ゆっくり大きくアワセを入れると、グネグネ??っと水中で銀色の魚体がもんどり打つのが見えます。
掛けた瞬間の重量感!明らかにデカイです!
猛然とシャローフラットを下流に突っ走ります!!
オービスCFOⅣが・・・・ニャニャニャーーーーーと悲鳴を!!!
GENさんのM_marie:7'6" #5 2pcが・・・・
今まで見たこと無いくらいにブン曲がってます!
a0079614_21164979.jpg

フックは太軸!ティペットは4x!フッキングも決まりました。
が・・・・・
竿が・・・・まったく立てれません(笑)



写真を撮ってる余裕があったのは最初だけ(^^;;
魚を誘導しながら?引張られながら?浅瀬を右往左往。
下流には堰堤があり・・・・あそこに落っことしたら、間違いなく負け。
極力自分が下流に回りこむように、浅瀬を右に左に。。
たぶん10分は超えたでしょう・・・・・
利き腕ロッド、逆手でリールのありがたさを痛感しますが・・・・
すでに、利き手の右手もガタガタ(笑)

魚はビカビカのシルバーのレインボー!
うちの嫁も真っ青のデップリのスペシャルな太さです!(^^;;
しかし・・・・魚体が確認できるくらいまで寄ってくるのですが・・・・
竿2本分くらい以上はまったく寄って来ません。
魚の目が確認できて・・・・こっち見て笑ってるように見えます・・・・なんかアチラ余裕たっぷり?
フックは上あごのいいところに掛かっているもの見えます。
ロッドとネットの距離を知っているかのような・・・・
そこまで寄ると下流に走る。
あわてて、私が下流に廻って、また距離を詰める・・・・
何度繰り返したか・・・・何分すぎたか。。
いつのまに周囲には数人の釣り人がみています。
当初の魚も疲たのか、当初のスピードは無く・・・なんとかネットの距離にまで近づくようになりますが・・・・
ネットを見るとまたジリジリとドラグが。
3度目のネットから逃れた魚は・・・一気に下流に!
ニィィィィィーーーーーーーっとリールが鳴り、魚は砂地のシャローと堰堤切れ目のコンクリート部に・・・・・・ゴン!
「フッっ」っと・・・・・・ロッドとラインからテンションが消え・・・・
消え?

















えええええええええーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
~~~~~((((((ノ゜⊿゜)ノあぁ
魚は堰堤を乗り越え堰堤下の深みに・・・・どっぼんっ!
周囲からあああーーー!!
とかバレターーー!とか・・・・・・
この日は・・・・後にも先にも・・・・コレがすべてでした((汗

膝はガクガク。手や腕はプルプルしてます。
よく覚えていないのですが・・・
すぐ、魚が落ちた深みでもう一回落ちた魚を釣ろうと試みたようです(笑)
a0079614_21234487.jpg

カメラのデータを確認すると、ファイト中の写真から
魚が落ちた堰堤下で上の20cmクラスを釣った写真まで1時間半はすぎています。
かなりの長時間ファイトやってたようです。
バラシた魚は大きいといいますが・・・・
アレはほんとにでかかった!
デカイというより、すばらしい魚体でしたね。
モッタイナス。周りからは60upは間違いないと言う声が。
フックは・・・・1xヘビーワイヤの16#ニンフのすっかり伸びていました。
a0079614_2124634.jpg

その後・・・・
なんとか40upを1本キャッチ30cmクラスを1匹追加。
一応・・・・・中型ネット入魂もすみました((涙

温泉・食事で荒尾湖畔公園で車中泊。
20時前にはビールで涙酒。。失意のまま終了しました(笑)

にしてもこの日はすごい人でした。
あとで釣券屋で聞いたのですが300人をこえる釣り人が入って居たらしいです。
当然、渋い!ひっきりなしに川の中を人が上から下から。

しかし・・・・暴風と日中に降った雨の間際には時合といえそうなものがあたしかにありました。
結局、朝一の9時過ぎまでと雨の暴風の止んだ13時、16時以降のマズメ時。
そういった時間は周りにも釣れています。
この時間帯以外はライズもアタリモもなし!

私は一応カウントできそうなのは8ヒット&ファイトで3キャッチ(魚のサイズは別)
昨年炸裂した堰堤下極小ダブルニンフメゾットも・・・・イマイチ効かず。。
皆が口をそろえて言うのは、魚はいっぱい居る。しかも見える。でもベタ底。
何かの拍子にスイッチが入ったときに、魚の前に流れればアタルというもの。

釣れない時間帯に2時間以上リサーチしまくった結果は・・・・下の通り。
良く釣れていたのは、人の仕掛けは・・・・

①餌釣り
アユシンカー2号くらいの重りに4号の通し仕掛け。針はチヌバリに餌はバッタ(笑)
これで、底を転がします。
目の前で50upを10本以上釣られました(^^;;
朝一には60upを6本だそうで・・・・
流れを真上から長竿で直撃。まったく水の流れに逆らって意のままに底をとって釣ることができます。
コレは最強っぽいです(笑)

②ルアー
緑色のイワナスプーン(肉厚で重いヘの字の)をダウンで底をゴロゴロ転がす。
流れを横切らせたり、早く動かしてはダメですと。

③フライでは・・・・
マイクロウェットの釣り下り。18#のチャートパートリッジ。
ラインはチェンジティップのフロントシンキング。
コレはシャローフラット限定だそうです。

すべてが同じとは限りませんが・・・・
キモは「底・とにかくゆっくり・緑」
私のヒットやキャッチした40upも緑色のマイクロニンフをシンカーで沈めています。
良く聞くと、まだ・・・・・私などはヒットはおろか釣れている訳でマシな方みたいで。
アタリすらない人という人が多かったです。

釣っている人は、先行者や他の釣り人を気にせず、極力動かず。
魚は間違いなく居るので、喰うタイミングが来るまで、ひたすら粘る。
いい場所にはいいサイズの魚が居るから、場所をキープ!
コレが共通事項なようでした。
最初に書いた広島ナンバーの人も40upを6キャッチだそうで、朝からイブニングまで同じ場所で粘っていました。
私のアタリやヒットも最初の大物以外はすべて同じ堰堤下です。
システムも同じ、極小ニンフを極大ショットで沈めるorダブルニンフ。
100%小さいほうに喰ってきました。
一応・・・・こんな感じです。

私の釣果だけではあまりにさみしいので。。
a0079614_21281750.jpg

一応・・・・・・刺激的な写真を。
a0079614_21283358.jpg

こんなのが釣れてました(笑)
両方60upですw
a0079614_21284015.jpg

[PR]
by takeda1231 | 2009-10-13 12:05 | フライフィッシング