ああ・・・・山奥ねぇ。。単身赴任中の岩手山奥からのレポートだったのですが(笑   今は盛岡に戻ってますw


by takeda1231
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フライラインについて・・・・

以前のエントリーでシルクラインについて、少し考たことがあったのです。
フェニックス社のフライラインはDT-4を投げているのに軽い気がする。。と言う話しです。
GENさんビルKさんも同様の意見なようです。
実際私も使ってみて、ラインの乗りが悪いと感じました。ライン負荷が足りない=ラインが軽いのです。。多分(笑
ま、実際軽いのであれば、#3として使えばイイだけの話しなのです。。
で、今回使ってみたところ・・・・・柔らかい(指定番手の低い)ロッドでは違和感無く投げれました。
さすがに竿が柔らかすぎて(そう言う竿なんです)、詳しくは解りませんでしたが。
a0079614_160740.jpg

で・・・・コレ
じゃジャー--ン!!でじたるすけーる!!←ドラえもん風に(笑
ま、ハカリですね。0.1g単位600gまで計る事ができます。
0.01g単位で100gっていう超精密なのもありましたっけ。
オークションで1000円~2000円くらいで出ています。。






フライラインは、アメリカ釣具製造業協会(AFTMA)という団体の(Flyline Category)という規格になっています。
(アメリカン・フィッシング・タックル・マニュファクチュラーズ・アソシエーション・フライライン・カテゴリー)・・・・・・・長っ!!
この規格はラインの(先端)重量を決めて、番手#で表します。

フライラインの先端30フィート(約9m=9.144m)の重量が以下の通りです。
 
# グレイン  グラム
1    60   3.89
2    80   5.18
3    100    6.48
4   120    7.78
5   140   9.07
6   160   10.37
7   185   11.99
8   210   13.61
9   240   15.55
10   280   18.14
11   330   21.38
12   380    24.62

グレインとは小麦一粒の重さで決められた単位。1グレイン=0.0648グラムだそうです。

んで、次は長さ。
1インチ  =  2.54cm
1フィート = 12インチ  = 30.48cm
1ヤード  = 3フィート = 36インチ  = 91.44cm
ってなってます。
結構尺貫法に近いんですよねw
ま、この辺は皆さんご存知の方も多いでしょう。
竿を作られてる人はなおさらのこと。

長い前置きはさておき、フライラインを実際に計ってみようという話しなんですねw
そんなんで正確に計れんのかよ??と思いつつ・・・
試してみました。
硬貨で。・・・・・結果正確です。やるな。。。メイドインチャイナ。。
微妙に0.1g単位で誤差がある場合がありましたが、硬貨自体も若干の誤差はあるでしょうから・・・・

で、気になるフライラインの結果です。
手持ちのものでの測定です。長さも少しは違うと思われます。あくまで誤差の範囲ということで。
それぞれ先端9mとDTのフラット部分3mの重量(何かの参考になれば)です。
あ・・・・実際は9mではなく9.144mで計らなければいけないはずですけど。
a0079614_16164334.jpg

    銘柄         番手  AFTMA規定重量  先端9mの重量  中間3mの重量

SA社 シュープリーム2  DT-2     5.18g        5.3g        2.1g
 
エアフロ ポリ6000   DT-3     6.48g        6.8g        2.7g

バリバス エアーズ    DT-4     7.78g        7.7g        3.1g

無印   激安ライン   DT-4     7.78g        8.4g        3.4g
フェニックスシルクライン  DT-4     7.78g        7.3g        2.8g

フェニックスシルクライン  DT-5     9.07g        8.3g        3.6g
SA社 ウルトラ3      DT-5     9.07g        9.1g        3.6g  

んで・・・何がわかったかって言うと・・・w
フェニックスシルクラインは・・・・やはり微妙に軽かったと言う事。
シルクのDT-4は釣りで使った直後だったので、少し濡れてて、重く計れていたはず。
シルクのDT-5はまだ新しく、オイルを塗りこんでは居ないのでもう少し重くなるはず。
私が気に入って使っている、激安ラインは若干重めだった・・・・ので結果使いやすかったのだということ。
SA社のラインは正確だったってこと。。
あと、今回イロイロと古いラインをリールから引っ張り出して思いましたが。
SA社は手触りが良く、まき癖が取れやすい!!
他とくらべて痛感しました。。  wエ○フロなんかは。。。もう(T.T)
以上でしたw
シルクラインがオイルのドレッシングでどの程度変わるかも、じきにエントリーしますね!

字列がずれちゃって少し見づらいですね。。
[PR]
by takeda1231 | 2007-03-27 16:26 | フライフィッシング